予備校の個別指導コースについて

個別指導は通常の教師が1人で行う授業と家庭教師のいいとこどり

予備校 : 第一志望合格に自信あり!!学校法人村上学園 高松高等予備校

個別指導では、複数の学生が1つの教室にいるのですが、個々別々に自分の机で勉強を行います。
個別指導では、チューターが教室内を巡回していいて、学生が分からないところがあると挙手をするなどの方法でチューターを呼び、わからない部分についての教育を受けます。
この様な個別指導により、自分が分かる部分については説明を省きわからない部分については十分に時間をとって勉強を行う事ができるようになります。
もし、これを家庭教師で行うとすると費用がかさむうえに通常家庭教師は大学生などのアルバイトで行われる音が多いので受験上のテクニックなどのプロの講師でないと行えない部分については取り残されたままになってしまいます。
個別指導はこの様に通常の教師が1人で行う授業と家庭教師のいいとこどりの教育を行う事ができますので、多数の中での学生同士の色々な問題が起きる事を心配する事無く勉強のみに集中する事ができる優れた方法と言えます。
繰り返しになりますが、教室での授業を中心とした公教育ではこの様な教育システムは根本的に不可能です。
この様な点が現在予備校が社会的な人気を博し、また社会的な存在価値や発言権を強めている大きな要因であるといえます。
逆にいうと公教育のあり方について大きな問題点を投げかけています。
少なくとも将来の望ましい教育の在り方の一面をつよく主張している事には間違いがありません。
当然ですが通常の授業のコースと個別指導のコースは自分の状況でスイッチする事ができ、その意味でも教育の選択の範囲を個々の学生が主体的に選べます。

20年ほど前までは望ましい教育機関として認められていなかったもう1つの最近と以前のものとの違い個別指導は通常の教師が1人で行う授業と家庭教師のいいとこどり