予備校の個別指導コースについて

もう1つの最近と以前のものとの違い

20年ほど前までは望ましい教育機関として認められていなかったもう1つの最近と以前のものとの違い個別指導は通常の教師が1人で行う授業と家庭教師のいいとこどり

もう1つの最近と以前のものとの違いは、受験浪人だけでなく現役の中学校・高等学校の学生が学ぶコースも備えている事です。
多くは、各学校が終わった後の夕方から夜にかけて予備校の授業を受ける事になります。
現役生がここで学ぶメリットは、学校で勉強してきた事の復習も行う事ができてかつ受験に特化した部分も、実際にどの様な入学試験問題が出たかなどを参照しながら学ぶ事ができる点です。
この2重学習により学習するべき事項の記憶の定着を行う事ができますので、受験対策というのみでなく日ごろの各学校での定期試験などでも好成績をとる事ができる様になり、成績がいいと更に興味が増してきて勉強を行う興味が湧いてくるという正のスパイラルが起きてきます。
その意味で、現在では公教育との区別を行う事の意味はほとんどなくなってきています。
むしろ個々の就学状況を十分に反映した思い切った方法の選択肢が多いという意味で優れたものとなっていて社会的な役割が大きくなるとともに社会へ向けた発言力も大きくなってきています。
特に目立つ点をあげると、公教育では考えられないスター教師を作り出している事です。
大手予備校などでは、スター教師を看板として大きく取り上げる事により、多くの学生を入学させるという事も今では普通に行われています。
中には、テレビ出演も多数行っているスター教師もいます。
この様なスター教師がいると学生も受講したいと思うモチベーションがあがりますので、この点も勉強の正のスパイラルのきっかけとなります。
多くの大手予備校は、首都圏だけでなく地方にも分校をもっていますので、手広く行う所ではテレビ授業やインターネットを介した授業なども行い、これらの一流の講師の授業を地元にいながら受けられます。
また、クラス編成についても独特のものを行う事が可能となっています。
1人の教師が教壇に立って行う通常の授業ももちろん行われますが、それ以外にも個々の理解度に合わせた教育を行う為に個別指導を行うコースも併せ持っているものが多くあります。