予備校の個別指導コースについて

20年ほど前までは望ましい教育機関として認められていなかった

20年ほど前の時期では、予備校は望ましい教育機関としてはあまり認められていない状況でした。
多くは、入学試験で失敗した学生がしかたなくいくもので塾に近い極めて私的なものというイメージでした。
その為に、予備校生と呼ばれる学生はなんとなく恥ずかしい存在という風にも見られていました。
しかし、最近ではこの様な見方は既に過去のものとなっています。
その役割としては、中学校・高等学校などの公教育が様々の制限で十分に行う事ができない部分を補なうものとなっています。
受験指導という公教育ではメインに据える事ができない目的に特化しているので、ある意味で効果的に学生個々に合わせた教育を行う事ができます。
また、いかに効果的に受験指導を行うかという技術も様々の手法やテクニックを開発してきています。
様々の社会的な問題で通常の公共の学校では行う事が困難なクラスの能力別編成なども思い切って行う事ができます。
中には、クラスの中の座席の位置まで繰り返し内部で行われるテストの成績で入れ替えるなど、その生徒が全体の中でどの様な位置にあるかも直接わかる様な取り組みを行って所もあります。
学生はその様な事がある事を納得して入学していますのでこの事で問題が起きる事がありません。

毒親の元を離れ、脱法ハウスで白米だけ食べながら予備校に通って大学に合格し、しかし入学後も親の承諾が得られないため学費免除や学寮などの補助を受けることができず、4年間バイトして生活費を稼ぎながらついに東大大学院に合格した(が学費のためにまた休学する)人の話。
https://t.co/jsqLAi3y87

— さのたけと (@taketo1024) 2018年12月24日

20年ほど前までは望ましい教育機関として認められていなかったもう1つの最近と以前のものとの違い個別指導は通常の教師が1人で行う授業と家庭教師のいいとこどり